鶏肉について知りたい!部位・調理や保管方法・おすすめレシピなど鶏肉に関する雑学を紹介

節約にもなり家計が助かるヘルシーで高たんぱくで安価な鶏肉を使った鳥料理の調理や保管の方法をご紹介しております。
加熱するとパサパサになる理由やパサパサにならない方法。
冷凍保存やレシピ例などもご紹介しており時間がなく手の込んだ料理が出来ない方でしたり、まとめ買いをするような方向けの時短や手間が省けるようなもの、保存方法もご紹介しております。
応用をすれば、レシピのレパートリーが増やすことも可能なことをご紹介しております。

鶏肉について知りたい!部位・調理や保管方法・おすすめレシピなど鶏肉に関する雑学を紹介

"

まずはパサパサになる理由とならない方法をご紹介したいと思います。
パサパサになる理由としては、鶏肉内の水分が調理中に抜けていく事が原因です。
それを防ぐ為に片栗粉を絡ませる事により防ぎます。
次にご紹介いたしますのは鳥料理の保存例などです。
時間がない方にとっては疎遠になりがちな漬け込みが必要なから揚げなど。
使われるのが漬け込み保存です。
フリーザーパックなど冷凍保存可の袋や入れ物を使った保存法です。
好きな大きさに切った鶏肉と調味料を袋などに入れ、揉みこみそのまま冷凍庫に入れ保存します。
冷凍にしなくても洗い物が減り時短につながりますし、これを応用すればレシピのレパートリーが増え時短になります。

"

市場に出回っている鶏肉はどんな鳥の肉なのか?

日本は世界各国から、食の都と称される国となりました。
以前はイタリアや中国がこの呼称を持っていましたが、現在は国内では各地で、銘品と呼ばれる食べ物をたくさん生産をしており、右に出る存在がなくなったわけです。
そのなかでも精肉に至っては、農水省でブランド化をしているため特に人気があります。
市場では毎日各地から取り寄せられている鶏肉が出回っていますが、地鶏という固有の名称でよばれているものです。
ここで簡単に、地鶏とはそもそもどのような鶏肉なのかを解説します。
まず土地の名前がついているのがポイントで、名古屋・比内・吉備・米沢などです。
つまり、名称の土地でしか生産をされていない品種というわけです。
日本では海外からもたくさんの鶏肉を輸入しており、100グラム90円程度の安価な品はアメリカやブラジル・タイなどの品です。
味が悪く肉質もD級以下ですが、国産の鶏肉の場合はA級ランクでお値段も高いものなかりとなります。

日本国内の三大地鶏として有名な鶏肉

美食大国として呼ばれている日本では、世界各国からでも購入をしたいという色んな食材がたくさんあります。
そのうちの一つが精肉で、豚から牛・鶏までをブランド化にして生産をされるようになりました。
鶏にいたっては地鶏という名称でよばれており、日本三大地鶏にひとつに数えられるのが名古屋コーチンです。
この鶏肉は100グラムあたり900円以上もの価値を示して折り、まさに王様と言っても言い過ぎではありません。
ここで簡単にその概要を解説していきましょう。
名古屋コーチンは1940年に愛知県で誕生したもので、比内と吉備の2つの品種を掛け合わせて誕生をしました。
鶏肉のなかでもAランクに称されている二つのメリットを持っており、ジューシーな肉汁と噛み応えのいい肉質で構成をされているものです。
地元では炭火焼にするのが基本で、手羽先から手羽元の2パーツで構成をした焼き鳥で召し上がるものです。
唐辛子とコショウで味付けをして完成。

鶏肉には手羽先や胸肉など色々な部位がある

"

鶏肉の部位の種類の一つであるもも肉は、厚みがあってコクがある点が特徴です。
家庭料理にも使われることが多く、揚げたり煮込んだり、様々な調理法で美味しく頂くことができます。
手羽先も、鶏肉の部位の中ではよく目にする名称ですね。
ゼラチン質と資質がたっぷりで旨味もあるので、煮込み料理などによく使われています。
スープの素として活躍してくれる鶏ガラは、手羽先の骨の部分のことを言うんですよ。
むね肉の中でも、胸骨に沿った部分にあるものをささみと呼びます。
ささみは脂肪が少なくてたんぱく質が豊富であることと、筋肉量をアップさせるのに役立つBCAAも含まれていることから、アスリート用の食材として重宝されています。
鶏肉の中でも首の部分はせせりと言います。
せせりは、噛めば噛むほど肉汁が出てくるのでジューシーですし、旨味があって濃厚な味わいを楽しめます。
もも肉と同様に調理法を選ばないので、いろいろな料理に使ってみましょう。

"

鶏肉をお取り寄せする際には部位を確認しておく

お取り寄せグルメというものが最近、日本国内では人気を集めています。
以前はお菓子やケーキなどのスイーツで活用をなさる方が多かったのですが、現在では一般的な夕食や宴会メニューで活用をされる傾向です。
さまざまな生鮮食品が通販で買えますが、とくに人気となっているのが鶏肉です。
いろんな料理に活用ができるため、まとめ買いをされる方も少なくありません。
簡単に通販で取り寄せる鶏肉の概要を解説すると、まずどの部位を買いたいのかを明確にしないといけません。
鶏肉と一口にいってもたくさんのパーツで用意をされており、なかには鶏ガラという言葉で表記をされる骨もあるほど。
家庭ならモモ・胸のほかささみもおすすめです。
家庭で一羽丸ごとを購入しても、活用できる箇所がない場合もあります。
お取り寄せをするなら、食べるところのみを小分けにして手に入れる方が購入費用を削減できて、処理をする手間も省けます。
ネットでは詳しく選択も可能です。

に関する情報サイト
鶏肉についてお教えします

節約にもなり家計が助かるヘルシーで高たんぱくで安価な鶏肉を使った鳥料理の調理や保管の方法をご紹介しております。加熱するとパサパサになる理由やパサパサにならない方法。冷凍保存やレシピ例などもご紹介しており時間がなく手の込んだ料理が出来ない方でしたり、まとめ買いをするような方向けの時短や手間が省けるようなもの、保存方法もご紹介しております。応用をすれば、レシピのレパートリーが増やすことも可能なことをご紹介しております。

Search